ゴルフ初心者初めての練習|打ちっぱなしのコツや初ラウンドのポイントを解説

ゴルフ初心者初めて練習

東京都内でゴルフを上達したい方へ

「コースでもっとゴルフを楽しみたい・・・」
「もっとスコアアップしたい・・・」

そんな時はプロの指導で解決!

初心者が初めて練習する場合は、正しい前傾姿勢からグリップ、スイングの基礎を身につける事が重要です。

まずはゴルフを体験してみて、ゴルフの雰囲気を感じてみましょう。

この記事では以下の内容を紹介します。

  • 何から始めるのか
  • 初心者のゴルフ練習
  • 初心者の打ちっぱなし出の注意点
  • 初心者のコースの回り方


ゴルフを始めて練習する際の参考にしてくださいね。

目次

【ゴルフ初心者】初めてのゴルフ入門

ゴルフ初心者初めて練習

ゴルフはクラブでボールを打ち、18ホールそれぞれでカップインするまでの打数を競うスポーツです。

打数が少ない方がスコアがよく、その順位を競います。

ゴルフ場によって立地が違うので、景観やコースの造形・レイアウトを楽しみながらプレーすることができます。

自然の中でそれぞれの季節を満喫しながらプレーでき、年齢や性別関係なく楽しめるスポーツ。

プロゴルファー 堀越ゆかり

ラウンドする仲間とのコミュニケーションが充実することも、人気の理由です。

練習や経験によって技術を向上させることで、自己ベストの更新を目指せます。

スコアを通してゴルフ仲間との価値の共有ができるだけでなく、失敗談やあるあるネタで盛り上がることも多いですね。

ゴルフのスコアを上げたいなら、ゴルフスクールに通うのが近道。

東京にお住まいの方は、東急東横線「学芸大学」から徒歩3分の「DO-1 GOLF」がおすすめです。

経験豊富なレッスンプロの指導をうけられ、初心者も安心のビギナーズレッスンプランも選べますよ!

\まずは気軽に無料体験レッスンから!/

ゴルフの始め方:何から始めるか解説

ゴルフを始める場合、何から始めるかコースデビューまでの流れを紹介します。

  • ゴルフの体験
  • ゴルフの練習
  • ゴルフのクラブなど道具をそろえる
  • コースデビュー

上記の流れを詳しく紹介します。

ゴルフの体験

ゴルフを始めるなら、最初にゴルフを体験してみましょう。

打ちっぱなしなど練習場やシミュレーションゴルフなどで体験することができます。

一人で打ちっぱなしに行くのは恥ずかしいと感じたりわからないことが多いので、経験者や友達と一緒に行くとよいでしょう。

未経験の方はシミュレーションゴルフがおすすめ。

ゴルフスクールでは無料で体験レッスンを受けられる場合もあります。

気軽に体験だけしてみると、ゴルフの楽しさや雰囲気を味わえますよ。

ゴルフの練習

体験してゴルフを始めるなら、練習を始めましょう。

まずはゴルフグローブを用意することをおすすめします。

打ちっぱなしなどはゴルフクラブはレンタルできますが、グローブはない場合があります。

あったとしても、自分の手に合ったものでないとやりにくいでしょう。

プロゴルファー 堀越ゆかり

衛生面からも自分専用のグローブを用意することがおすすめです。

ゴルフスクールに通う場合もクラブのレンタルできる場合が多いです。

初めのうちはレンタルで練習していって、上達してから自分に合ったクラブを購入してもいいですね。

ゴルフのクラブなど道具をそろえる

練習を始めたらゴルフクラブなど道具をそろえましょう。

最低限用意するゴルフ道具は以下の3つです。

  • ゴルフクラブ
  • キャディバッグ
  • ゴルフシューズ

実際にコースでラウンドする場合は、必要なものを買い足していきましょう。

初心者クラブセットやレディースクラブセットなど、初めて道具をそろえる場合に選びやすいセットもあります。

最低限必要なクラブはセットされいるので、初心者には十分な内容ですよ。

プロゴルファー 堀越ゆかり

はじめは中古のクラブを購入する人も多いです。

初心者が買うものはゴルフ初心者が買うものと必要なもので詳しく紹介しています。

コースデビュー

練習を続けて、打ち方も安定しある程度ボールを飛ばせるようになったらコースデビューです。

コースデビューの平均スコアは140~160くらい

だいたい3ヶ月くらい練習して、同伴者に迷惑をかけないよう最低限のプレーができればOK。

初めてのラウンドでスコアが180・200を出してしまう人もいます。

ラウンドデビューで上手くボールが飛ばなくても、気にしすぎないようにしましょう。

初心者のゴルフ練習

ゴルフ初心者初めて練習

初心者の方はゴルフの練習を始めるなら、まずはきれいなスイングを身につける練習をしましょう

理由としては、スイングに癖がつくと上達の妨げになるからです。

はじめはよくても、レベルアップしていくうちに、初心者の時についた癖が邪魔になることがあります。

プロゴルファー 堀越ゆかり

一度変な癖がつくと、それを修正するのも大変です。

なので、ゴルフを始めたらきれいなスイングを身につける事を意識してくださいね。

正しい前傾姿勢からグリップ、ボディドリルをしっかり身につけましょう。

何番のクラブから練習するか悩んだら、最初は7~9番アイアンを使ってハーフショットの練習をするのがおすすめ。

自宅でもゴルフの練習はできます。以下の練習をすることでゴルフの上達が期待できますよ。

  • タオル素振り
  • スローイング
  • ストレッチ
  • アプローチ練習
  • パター練習
  • イメージトレーニング

初心者の練習方法についてはゴルフ初心者練習方法を参考にしてくださいね。

初心者の打ちっぱなしでの注意点

スイングの練習をしたら、打ちっぱなしで練習を始めましょう。

打席数が20席くらいのこじんまりとしたところから、200打席を超える大型の打ちっぱなし場があります。

打ちっぱなしでは、約150ヤードから約300ヤードほどの広々とした開放感のなかで練習することができます。

狙ったところにボールを飛ばすなど、目標を決めて練習するのがコツです

やみくもにボールを打ち続けるのではあまり意味はありません。

スイングが崩れないように、1球1球確認しながらボールを打つことが大切です。

プロゴルファー 堀越ゆかり

初心者の方は、2階や3階などを選んだり、出入り口の近くを避けることで人目を気にすることなく練習できますよ。

初心者で打ちっぱなしに行くのが心配な方は【ゴルフ初心者】打ちっぱなしで恥ずかしい?を参考にしてくださいね。

初心者のコースの回り方

ゴルフの練習をしばらくしたら、いよいよコースデビューです。

事前にゴルフコースでの流れやマナーを確認して、スマートに楽しくコースデビューしたいですね。

ここからは、

  • ゴルフコースでの1日の流れ
  • ゴルフコースでの服装
  • マナー

を確認しておきましょう。

コースをラウンドする流れ

ゴルフ場でコースをラウンドする流れはこちらです。

  • ゴルフコースへ到着
  • ゴルフクラブをゴルフ場へ預ける
  • ゴルフコースへチェックイン
  • ロッカールームでプレーする服装に着替える
  • ラウンド前のウォームアップ・練習・ラウンドの準備
  • 前半ラウンドスタート
  • 前半ラウンド終了
  • レストランで昼食休憩
  • 後半ラウンドスタート
  • 後半ラウンド終了
  • 大浴場でシャワー・着替え
  • チェックアウト・支払い
  • ゴルフクラブを受け取り帰宅
プロゴルファー 堀越ゆかり

ゴルフ場には1時間半~2時間前には到着しておきましょう。

コースをラウンドする流れについてはゴルフのコースデビュー!を参考にしてください。

ゴルフコースの持ち物

ゴルフコースをラウンドする持ち物はこちらです。

  • ゴルフクラブセット
  • キャディバッグ
  • ゴルフティー
  • ゴルフボール
  • マーカー
  • ゴルフウェア
  • ゴルフシューズ
  • ゴルフグローブ

他にも以下のものがあると便利です。

  • ラウンドバッグ
  • クラブケース
  • ゴルフボールケース
  • 飲み物

初心者の場合、最初からすべてそろえるのが難しい場合はレンタルや中古を検討してもいいですね。

ある程度練習をして上達してから、自分の好みや必要に合わせて道具をそろえるのも楽しみになります。

ゴルフコースの服装

ゴルフ場ではドレスコードがあります。

ゴルフ場に来るまで、コースでの服装それぞれ確認しておきましょう。

ゴルフ場に来るまでの服装

ゴルフ場に来るまでの服装はこちらを参考にしてください。

性別服装の注意点
男性襟付きシャツ(ポロシャツ)・ジャケット・ベルト着用。
ジーンズ生地はズボンもジャケットもNG
スラックスまたはチノパンなどの丈が長いパンツがオススメ
シューズは革靴など
女性基本は男性と同じ
ワンピースやスカートを着る場合、ストッキング・タイツ着用
低めのヒールやパンプスはOK・サンダルやスニーカーなどはNG

ゴルフ場によってドレスコードが違う可能性もあるので、事前に確認しておくことをおすすめします。

ゴルフコースでの服装

ゴルフコースでの服装は以下にまとめました。

アイテム男性女性
トップス襟付き・袖付きのシャツまたはハイネック・タートルネックのシャツ
アウターには規定がないので気候に合わせて着用
襟付きのシャツであればOK
キャミソールやへそだしシャツはNG
アウターには規定がないため気候に合わせて着用
ボトムスチノパン・スラックス・ハーフパンツスカート・ワンピース・ハーフパンツ
靴下くるぶしが隠れる靴下(素足NG)くるぶしが隠れる靴下、またはハイソックス着用(素足NG)
ゴルフ専用のシューズ
サンダルやランニングシューズなどはNG
ゴルフ専用のシューズの着用
ミュール・パンプスなどはNG
帽子キャップ、サンバイザーの着用推奨
帽子の形に規定はない
キャップ、サンバイザーの着用推奨
ロングヘアの方はプレーの邪魔にならないように束ねる

こちらもゴルフ場によって規定が違うので、確認しておきましょう。

ゴルフはウェアを選んだりファッションも楽しめるのが魅力ですね。ゴルフ初心者が買うものと必要なもの!も参考にしてくださいね。

初心者がゴルフを始めるならゴルフスクールがおすすめ!

初めてゴルフをするなら、ゴルフスクールのレッスンを受けることをおすすめします。

なぜなら、効率的に早くゴルフが上達できるからです。

解析機器を使用してスイングを分析し、ひとりひとりに合った練習方法の提案をしてもらえます。

プロゴルファー 堀越ゆかり

インドアのゴルフスクールなら、仕事帰りに気軽にレッスンを受けることができますよ。

特に初心者にはゴルフスクールのレッスンがおすすめです。

自己流で練習をしていくと、くせがつきやすく頭打ちになりがちです。

ゴルフスクールで正しいスイングを身につける事で、スムーズな上達が期待できます。

東京近辺にお住まいの方は、DO-1 GOLFをおすすめします。

DO-1 GOLFは経験豊富なPGA(日本プロゴルフ協会)・LPGA(日本女子プロゴルフ協会)公認資格を持ったプロが統一したレッスン技術を共有。

一人一人に合わせたレッスンを受けられるので、初心者も安心です!

\レッスンプロの指導でゴルフが上達!/

まとめ

初めてゴルフをしてみようと思ったら、まずはゴルフの体験をしてみましょう。

初心者の方は正しい前傾姿勢からグリップ、スイングの基礎をしっかり身につける事が重要です。

何から練習すればよいか迷ったら、ゴルフスクールがおすすめ。

一人一人に合った練習方法の提案、くせの修正などから正しいスイングを身につける事ができます。

正しいスイングが身についていれば、ゴルフの上達ははやくなりますよ!

初心者の方はぜひ、ゴルフスクールの体験レッスンを受けてみてくださいね。

東京都内でゴルフを上達したい方へ

「コースでもっとゴルフを楽しみたい・・・」
「もっとスコアアップしたい・・・」

そんな時はプロの指導で解決!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次