【ゴルフ初心者】服装のマナー|ゴルフ場でのコースデビューのドレスコード

ゴルフ初心者服装マナー

東京都内でゴルフを上達したい方へ

「コースでもっとゴルフを楽しみたい・・・」
「もっとスコアアップしたい・・・」

そんな時はプロの指導で解決!

ゴルフの初心者にとって気になるのは服装のマナーですね。

ゴルフ場でコースデビューをする際、確認しておきたいドレスコードを紹介します。

  • ゴルフ場の行き帰りの服装
  • コースでプレーするときの服装

ゴルフ場の行き帰りはオフィスカジュアルを意識すればOK。

コースでプレーするときには襟付きシャツ(ポロシャツ)と長いズボン・ゴルフ用シューズが基本の服装です。

どんな格好をすればよいのか悩んでいる方は、それぞれの注意点・NGポイントなども紹介しますので参考にしてくださいね。

目次

初心者が知っておきたいゴルフの服装マナー

ゴルフ初心者服装マナー格好

ゴルフ場の行き帰りやコースを回る際の服装には、知っておきたいポイントがあります。

初めてゴルフ場に行く場合、どんな服装が良いかわからないと不安です。

ゴルフ場に行くときの服装や気を付ける点などを紹介します。

ゴルフの行き帰りの服装

ゴルフ場への行き帰りと、クラブハウス内の服装の基本的なドレスコードはオフィスカジュアルを意識しましょう

男性の服装は、襟付きシャツ(ポロシャツ)・ジャケット・ベルトの着用が必須です。

一覧表で確認しておきましょう。

性別服装の注意点
男性襟付きシャツ(ポロシャツ)・ジャケット・ベルト着用。
ジーンズ生地はズボンもジャケットもNG
スラックスまたはチノパンなどの丈が長いパンツがオススメ
シューズは革靴など
女性基本は男性と同じ
ワンピースやスカートを着る場合、ストッキング・タイツ着用
低めのヒールやパンプスはOK・サンダルやスニーカーなどはNG

きちんとした印象と清潔感のある服装を意識しましょう。

ゴルフ場によってドレスコードは異なり、夏場以外はジャケット必須の場合があります。

事前にドレスコードを確認してからゴルフ場に行きましょう。

ゴルフ場でプレー中の服装

ゴルフ場でプレーする際の服装も規定があります。

熱中症やけがの予防に帽子の着用をおすすめします。

アイテム男性女性
トップス襟付き・袖付きのシャツまたはハイネック・タートルネックのシャツ
アウターには規定がないので気候に合わせて着用
襟付きのシャツであればOK
キャミソールやへそだしシャツはNG
アウターには規定がないため気候に合わせて着用
ボトムスチノパン・スラックス・ハーフパンツスカート・ワンピース・ハーフパンツ
靴下くるぶしが隠れる靴下(素足NG)くるぶしが隠れる靴下、またはハイソックス着用(素足NG)
ゴルフ専用のシューズ
サンダルやランニングシューズなどはNG
ゴルフ専用のシューズの着用
ミュール・パンプスなどはNG
帽子キャップ、サンバイザーの着用推奨
帽子の形に規定はない
キャップ、サンバイザーの着用推奨
ロングヘアの方はプレーの邪魔にならないように束ねる

タオルを首に巻いたり、腰に下げた状態でプレーするのはマナー違反です。

ハーフパンツに関してはゴルフ場によってはNGなので、規定をあらかじめ確認しておきましょう。

プロゴルファー 堀越ゆかり

マナーを守りつつファッションも楽しみたいですね。

「DO-1 GOLF」のビギナーズレッスンでは、コースデビューの服装やマナーの講習もあります。

東急東横線「学芸大学」から徒歩3分の「DO-1 GOLF」は、経験豊富なレッスンプロの指導をうけられるので初心者も安心です!

ゴルフ場での服装で気を付ける事

ゴルフ初心者服装マナー格好

ゴルフ場での服装・格好で気を付けることをチェックしておきましょう。

  • シャツは中に入れる
  • 襟付きのシャツ
  • ゴルフシューズ以外の靴
  • 帽子をかぶる
  • 季節に応じた服装を
  • クラブハウスに入る前に身なりを整える

シャツは中に入れる

裾出しが前提として作られているゴルフウェア以外は、シャツの裾をボトムスの中に入れるように規定しているゴルフ場が多いです。

シャツを入れる理由は以下です。

  • シャツが出ているとだらしがなく見える
  • 裾が邪魔になり正しい構えの妨げになる

来場時や帰宅時もシャツインにするのがマナー。

ベルトを付けるとおしゃれにシャツインが決まりますよ♪


襟付きのシャツ

ゴルフ場でプレーする際は、ポロシャツなど襟付きのものを着用するのがマナーです。

ポロシャツ以外には、タートルネックやモックネックなど首が隠れるデザインのトップスも基本的にOK。

ですが、名門クラブや高級クラブの場合は、襟付きシャツを指定しているケースがあります。

事前にゴルフ場にドレスコードは確認しておきましょう。

Tシャツやタンクトップなどはマナー違反となることが多いので避けましょう。

ゴルフシューズ以外の靴

ゴルフシューズはソフトスパイクかスパイクレスのものを選びましょう。

ゴルフシューズ以外の靴は踏ん張りがきかず、滑りやすいからです。

例えばスニーカーは靴底にソール(滑り止め)がついていません。

傾斜があるところや雨で滑りやすく、けがをする恐れがあります。

プロゴルファー 堀越ゆかり

ゴルフシューズ以外の靴だと、スイングの時に足が滑ってボールが思わぬ方向に飛ぶ可能性もあります。

芝生を傷める恐れがあるので、メタルスパイクなどのシューズもやめましょう。

帽子をかぶる

ゴルフをプレーする際は帽子をかぶりましょう

帽子は必須着用ではありませんが、熱中症やけがの防止に必要だからです。

なので、どんな帽子をかぶらなければいけないという規定はありません。

  • キャップ
  • サンバイザー
  • ハンチング
  • 麦わら帽子
  • ニット帽

など、ゴルフ用でない市販のものでOK。

プロゴルファー 堀越ゆかり

帽子でもおしゃれを楽しみましょう!

ですが以下の2点は注意しましょう。

・レストランに入る前には帽子を脱ぎ持ち込まない
・クラブハウス内の出入りする際には脱帽する

季節に応じた服装を

季節に応じて服装を変えることで、暑い時期や寒い時期でも快適にプレーができます。

アウターには規定がないので、気候に応じて調整しましょう。

襟付きのシャツが見えないからといって、アウターの下をTシャツにするのはマナー違反。

プレー中に見えたり、暑くなって脱いだ時に注意されることもあるので、マナーはきちんと守りましょう。

プロゴルファー 堀越ゆかり

ゴルフ場によってハーフパンツやノースリーブがNGなところもあります。
必ず前日までにホームページなどで確認してくださいね。

クラブハウスに入る前に身なりを整える

クラブハウスに入る前には、身なりをきちんと整えましょう。

床を汚してしまわないように、ゴルフシューズについた芝生や泥はエアガンで落とします。

帽子やサンバイザー・サングラスなどは外してから入りましょう。

初心者におすすめのゴルフウェアブランド

初心者でドレスコードが心配な場合におすすめのブランドを紹介します。

メンズ・レディースのゴルフウェアの人気ブランドをチェックしてみてくださいね。

人気のゴルフウェアを扱っているので、ゴルフのおしゃれも楽しめますよ。

ブランド特徴
le coq sportif golf(ルコックスポルティフ ゴルフ)フランスで創業のスポーツウェアのルコックスポルティフ。
赤・青・白のトリコロールカラーを主に使った合わせやすく、飽きのこないデザインのアイテムが多く展開
色やデザインのバリエーションが豊富さ高い機能性
DESCENTE GOLF(デサントゴルフ)デンマークの国旗から着想を得た大胆な切り替えが目を引くデザインが人気
シンプルさの中にも機能美を感じるラインアップを展開
Munsingwear(マンシングウェア)世界初のゴルフウェア専門のブランドとしてアメリがで誕生
ペンギンをシンボルマーク
年齢性別関係なく多くの人が着こなせるデザインが特徴
上品で高いクオリティーであるオシャレなゴルフウェアブランド
Callaway Golf(キャロウェイゴルフ)ハードなプレイに耐えうる高い機能性
通気性や伸縮性だけでなく素材にもこだわって着心地抜群
adidas(アディダス)ドイツのスポーツ用品メーカー
斬新なデザイン・高機能などで老若男女問わず人気

初心者のコースデビューには「DO-1 GOLF」のラウンドレッスンがおすすめ!

東急東横線「学芸大学」から徒歩3分の「DO-1 GOLF」は経験豊富なレッスンプロの指導をうけられるので初心者も安心です!

まとめ

ゴルフ初心者の気になる服装のマナーを紹介しました。

ゴルフ場での行き帰りは、オフィスカジュアルを意識した服装でOK。

コースでプレーする際は、襟付きのシャツ・ズボンなどゴルフ場の規定を守った服装を用意しましょう。

季節や好みに合わせておしゃれを楽しめるのがゴルフ♪

初心者でマナーが不安な場合は、ゴルフスクールのビギナーズレッスンがおすすめですよ!

東京都内でゴルフを上達したい方へ

「コースでもっとゴルフを楽しみたい・・・」
「もっとスコアアップしたい・・・」

そんな時はプロの指導で解決!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次